スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆子体操&お灸

1月の妊婦健診で逆子ちゃんが判明
その後2ヶ月間「逆子」についてどれだけ調べたことでしょう

調べた結果、なぜ逆子になってしまうのかというのは
はっきりとした原因はまだわかっていないそうです
その上で逆子になるといわれている原因はこちら↓↓

•子宮筋腫など子宮そのものに原因がある
•子宮口付近に胎盤がある(前置胎盤)
•羊水が多過ぎて、赤ちゃんの頭を固定できない
•ママのおなかが冷えているために、赤ちゃんが頭を下に置きたがらない
•ママの呼吸が浅いので、赤ちゃんが頭をみぞおち部分(横隔膜の下)に置いても平気
•ママの子宮周辺が緊張して、固くなっているために赤ちゃんが身体を反転できない
などなど

そして逆子の直し方で一般的なのがこちら↓↓↓

逆子体操
①四つんばいバージョン
四つんばいになって、頭と肩をできるだけ下げる
お尻を上に突き出すようなポーズ
その状態で5~10分保ち
その後は赤ちゃんの背中が上になるように左右どちらかに横になる
②仰向けバージョン
お尻の下に枕やクッションなどを入れて仰向けになる
このとき高さが30cmくらいになるようにする
この姿勢を毎日10分間

この逆子体操
実際やってみると結構しんどいです
これを1月以降の2ヶ月間
ほぼ毎日やってきました
でも、全く直らず・・・

2月末に大分の病院で最後の健診を受けたときも
逆子ちゃんのまま
相変わらずそっけない先生で
「まあ、まだ逆子が直らないと決まった訳ではないので
がんばって体操続けて元気な赤ちゃんを産んでください」
と言われ、病院を後にしたのでした
(やっぱり次妊娠したときは違う病院にするもんね)

つづいてはこちら
お灸に挑戦
逆子体操に比べて、まだあまり知られていないのですが
お灸でツボを刺激することによって、逆子が直ることもある
三陰交と支陰という足のツボに小さなお灸をすることで、逆子を直す方法

これまでお灸は未知の世界
お灸についてもいろいろ調べた結果
なるべく30週までに鍼灸院に行った方がいいみたいなので
大分で近くの鍼灸院に訪ねてみたところ
「うちは逆子鍼灸はしてないんです」と断られてしまったんです

それなら実家の近くで!!
と思い行ってみたのがここ
はりとおきゅう明々堂

院内は明るい雰囲気でベットが2つ
男性の先生が1人でされていました

まずはカルテを記入
手の平と甲をみながら
先生はなにやらぶつぶつつぶやいていました

その後も先生はぶつぶつつぶやきながら
私のツボを確認し
お灸をお腹と脚に盛られ、小さな針を脚にさされました
お灸の煙がもくもくとあがっていましたが
意外と熱さは全くなく
針がいくつもささっているのに痛さも全くありませんでした

最後に
「今日、脚のつぼにしるしをつけているので
夜、リラックスした状態でお灸をあててみてください」
と、お灸を1本いただきました

カルテ記入から終わりまで
トータル1時間くらいかな~

かんじんなベビちゃんですが
途中むずむず動くことはあっても
回転した様子は感じられず・・・

世の中にはこんな治療もあるんだなぁと帰路についたのでした

はたして効果は????

こうご期待

おまけ
先生の話のよると
男性の先生が一人でやっているにも関わらず
患者さんの7割が女性だそうです
その中でも一番多いのが
不妊の患者さん

私の逆子ちゃんにしてもそうだけど
病院から処方される薬や治療をしてもどうにもならない人が
一つでも多くの可能性にかけてやってくるんだろうなぁと思いました

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

でこりん☆まる

Author:でこりん☆まる
性別・・・女

身長・・・普通(平均的だと思う)

体重・・・普通(平均的だと思いたい)

性格・・・普通(ではない)

趣味・・・飲・食・寝・旅

好きな食べ物・・・肉・寿司・牡蠣

好きな飲み物・・・おいしい牛乳・焼酎(芋)

家族・・・夫・子(ハル)

たまに更新していきます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いくつになったの ver2
リンク
FC2カウンター
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。